マナラボとは

マナラボは、子どもや市民を中心に、地域研究者や文化人類学者、俳優、ファシリテーターらが集い、ワークショップやプロジェクト実践を行うプラットフォームです。世界の多様な地域の文化や環境や社会の全体性に触れるオンリーワンの経験やコミュニケーション体験から、異文化や自文化への理解を深め、インスピレーションや豊かなイメージを皆で生み出し、未来の鍵になる地域「ローカルのグローバルな価値」を発見し共有していきたいと考えています。

マナラボのワークショップ

子どもと大人を対象とするワークショップやフィールドトリップを主催しています。ぜひご参加ください。世界の地域社会で具体的に起こるモノゴトや、文化人類学者や地域研究者が海外から持ち帰った「人間や地域の面白さ」を、モノ・ロールプレイ・物語(ナラティブ)などで構成される場のなかで、子どもや大人自身が身体や感覚や力をフルに使い「遊びながら」「楽しみながら」捉える場をつくります。

■マナラボの活動

先住民たちの社会の環境保全と経済基盤の発展が両立する活動について考え支援を行います。

マナラボの研究

「人間が創造的に生きる地域社会」と「教育」をつなぐために何が必要とされるのか、意味や内容や方法論について考えます。

ページ上部へ戻る